毛穴開く原因

 

毛穴が開く原因

間違った肌ケアをすると毛穴の開きの原因になります。

 

例えば、洗顔時間が長すぎたり、熱いお湯ですすぎをしたり、するとかえって毛穴を開かせているようなものです。

 

クレンジングの選び方にも気をつけたほうがいいです。

自然素材を使ったものはいいんですが、強力なクレンジングで肌をこするようなことをすると毛穴が開く原因になります。

 

肌の保湿をしっかりできていない時も、毛穴が開いてしまうので、美容液やクリームで保湿をしっかりして毛穴をケアしましょう。

 

毛穴が開く原因に、皮脂の過剰分泌があります。

 

栄養の偏りが原因になっていることが多く、糖質や脂質の摂りすぎにも問題があるようです。

 

糖質が皮脂に影響するのか疑問を持つと思いますが、糖質を摂りすぎると脂質に変化するのです。

 

そして私たちの体は脂質を体外に押し出そうとする働きがあるため、毛穴から皮脂を分泌して外に出そうとする働きをします。

 

ご飯もお酒もフルーツも「糖質」です。

 

摂りすぎると、皮脂の過剰分泌になり、毛穴が開くことになるのです。

毛穴が開くのは、どういう原理ですか?

毛穴には大きく3種類あります。

 

産毛が生える軟毛性毛包、髪の毛やひげが生える終毛性毛包、産毛も生えますが、どちらかというと皮脂をつくる脂腺性毛包です。

 

毛穴の黒ずみ、毛穴の開きといったトラブルになるのは、この3つ目の脂腺性毛包です。

 

ここから分泌された皮脂と毛穴付近の古い角質が混ざり角栓になります。

 

つまり、毛穴のトラブルの解消には、この脂腺性毛包をなんとかするしかないのです。

 

毛穴は体を外的刺激から守る皮膚の表皮上に無数にあります。

 

顔はその中でも毛穴が一番集中しているところで約20万の毛穴があると言われています。

 

毛穴から汗や、体の不要な物質が放出され、放っておくと体の錆びになってしまうものを追い出すコントロールの役割があるのです。

 

ですから、この毛穴が詰まってしまうということは、毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、皮脂の過剰分泌によるニキビにつながり、肌トラブルが拡大してしまいます。

 

毛穴のスキンケア方法や毛穴の構造をしっかり知っておきましょう。

夏場の対策

毛穴の役割は、汗を放出し、色々な外的環境の変化に体を順応させるものです。

 

夏場は、気温が上がると、汗をかいて冷却し体温を低下させます。

 

そして気温が下がると毛穴は閉じます。

 

汗には、体内で不要になった成分が入っていて、デトックス効果があり、常にフレッシュな状態を維持できるようにするという役割を果たしています。

 

汗には皮脂も含まれます。

皮脂は普通なら適量の皮脂が体の表面を覆って外的刺激から守り、また適度な保湿を維持する役割があります。

 

しかし、生活環境、食生活の乱れによって過剰な量が分泌されるため、ニキビや毛穴の開き、黒ずみなどの原因となるケースが増加してきています。

 

毛穴の開きや黒ずみは、皮脂が多く、毛穴が集中する部分で起こります。

 

顔であれば、額から鼻筋にかけてのTゾーン、頬やあごにかけてのUゾーンがそうです。

 

からっであれば、胸の中央や背中に毛穴が開きやすくなる傾向がある部分があります。

 

皮脂の分泌や汗の排出量が多い部分は、その部分をその周りとスキンケア方法を分けなければいけません。

 

すでにお分かりだと思いますが、皮脂分泌が多い部分はしっかり洗浄する必要がありますが、それほどでもない部分は洗いすぎるとかえって乾燥肌になりやすくなります。

 

よけない悩みの種を増やさないように、正しいスキンケア方法を見つけて、効率よく毛穴ケアをしましょう。

お気に入りサイト集

簡単に高血圧を下げる方法に、横になって休むことです。体を横にすると、体全体の血管収縮が緩和されやすく、また、腎臓に流れ込む血液量が増えると、昇圧ホルモンの働きが弱まるので、血圧が低下します。一般に、15分以上横になっていると効果が現れます。個人差もありますが、20mmHgほど降下します。